中国を批判せず日本政府を批判する蓮舫氏に疑問の声



日米首脳会議で安倍首相が中国の違法行為に関して南シナ海への自衛隊派遣の“検討”を行う事を表明した。

「米艦が南シナ海に進入(侵入)」というように中国の人工島に関して認めていると捉えかねない報道の仕方を行うメディアもあるが、反発として「この人工島を認めると各国が自分たちで島を作り領土を広げることとなる」という報道を行うメディアもあり、日本政府の野党与党とともにメディアでも中国人工島”黙認派”と“徹底批判派”で分かれているのは顕著だ。

現状として中国の南シナ海での国際法違反の行為は咎められるべきものであるが、東南アジア諸国では南シナ海に接している国々以外では中国に経済援助等の関係で口出しできないという「金銭による中国依存」が深刻化し支持はしないものの黙っている国も多い。まさしく「金を人質に取られ中国に物言えぬ状態」である。
しかし日本は国際法にのっとり中国を米国とともにしっかりと批判していく方針を固め、南シナ海への自衛隊派遣の“検討”も行うと表明した。

ここで、この行為に関して民主党・蓮舫氏が

「臨時国会を開かず、海外で好き勝手に発言している。何を意図しているのか。早急に国会を召集し、堂々と説明すべきだ」
「自衛隊が南シナ海でどういう活動をするかは、政府の中だけで判断するものではない。勝手に進めるのは危険だ」

と痛烈に非難する発言を行い注目を集めた。蓮舫氏が“自衛隊派遣の検討”に対して「何を意図しているのか?」「政府の中だけで判断するものではない」と発言したことには疑問の声があがっており、その主な理由は

・自衛隊派遣検討の表明に関しての意図は明確で南シナ海に関して徹底的に批判していくことだが、国際法違反を侵す中国を批判することに何の問題があるのか
・日本政府の判断するべきではない ということは近隣諸国の意図を求めるということなのか?

というようなもので、蓮舫氏の発言は「中国側の意見も聞く必要がある」「中国の領土に関して非難すべきではない」「中国の南シナ海埋め立てに関しては容認していく」と捉えかねない内容になっており非難の声があがることとなった。

単なる自民党批判をしたいだけの反対発言でなければ、中国の違法行為を批判せず日本国内の現政権を批判することには違和感を感じるものとなっており、一般市民から「どこを向いて日本で政治活動をしているのか?」といった声が流れてる。

jhgty.jpg


蓮舫氏「首相は好き勝手」 南シナ海への自衛隊派遣検討を批判


民主党の蓮舫代表代行は20日の記者会見で、南シナ海問題に関して 安倍晋三首相が自衛隊派遣の検討に言及したことをめぐり批判した。
「臨時国会を開かず、海外で好き勝手に発言している。何を意図しているのか。
早急に国会を召集し、堂々と説明すべきだ」と述べた。「自衛隊が南シナ海で どういう活動をするかは、政府の中だけで判断するものではない。勝手に 進めるのは危険だ」とも訴えた。
http://www.sankei.com/politics/news/151120/plt1511200042-n1.html

この報道に関しての世間の感想やコメントを見る

『特攻隊は日本の恥』発言に非難相次ぐ



パリのテロを受けて政治団体となったSEALDs(出典1)のメンバーが「日本の特攻隊を非難」するツイートを行い物議をよんでいる。

これは、パリのテロを受け、海外メディアが自爆テロを「kamikaze」と表現したことやテレビ朝日の「羽鳥慎一モーニングショー」で玉川徹氏が日本の特攻隊を自爆テロ犯人たちと同列に語った事が背景にあり、これらの報道からここぞとばかりにツイートを行うこととなった。
SEALDsの女性隊員は

特攻隊は日本の恥。 美しいものなんかじゃない。それを美しい精神にしようとする人たちが怖い。ありえない。人として。 』(出典2)

とつぶやいたが非難が殺到しツイートを削除することとなった。過去に奥田愛基氏がツイッターで

『自分的には特攻も、良く誇り高き日本みたいな美化されるけど、本当は戦争や日本の未来なんかに一ミリも関係のない無駄死にだらけだったと思う。でも、何かしら意味を求めたい気持ちもわかるけどね。でも戦争ってそんなもの。』(出典3)

とコメントした事といいSEALDs内では団体の政治思想を主張する一つの考えに「海外の自爆テロ」と「日本の特攻隊」を同等とみなし『特攻隊を賛美することは戦争を賛美することにつながる』という考えで「安保法案反対」「現政権反対」「戦争反対」を訴えていくという方針がみてとれる。

現在、奥田愛基氏はこのツイッター発言を削除しているが上記でツイッターを一度削除した女性隊員の発言はとまらない。

『特攻を非難しているのは、その国の為に命をかけろ、国家第一な国家主義だから。その思考を非難していて、特攻は国家主義そのものだからそれを美しいとする権力者がいるから非難している。そしてそれが美しかった日本人の精神として今も一部の人達が持ち上げているから非難している。』

『国家主義は美しいものじゃない。特攻作戦は美しいものじゃない。残酷で冷酷なものだ。特攻作戦が日本で起きたことは反省し心から二度としないと誓わなければいけないこと。だけどそれが出来ていない。未だに特攻を美化しようとする。美化すればするほどまた同じ事が繰り返されようとする。』

特攻を美化する事は国家主義を美化し、自殺を美化しているのと同じだ。』

と連投でつぶやき『日本の特攻隊を賛美する事がいかに戦争に繋がるか』という事を力説する事となった。しかし、これらの発言には反発の声が多数流れ共感を示す人はSEALDs支持者以外では少ないようだ。
それもそのはず、彼ら彼女らの主張では特攻という作戦を支持した当時軍部と最後まで国のためと特攻隊で命を落とした英霊を同一視し混同し批判するという姿が見られるからである。
『特攻隊で命を落とした人達を賛美する事』『日本を守るために戦った死者へ敬意を払うこと』がなぜ『軍国主義』につながるのか?『特攻隊を命令した当時日本軍部を賛美する事』は戦争を賛美する事に繋がると考えるが、これらを同一視した彼女の発言はあまりにも勉強不足であると指摘が流れている。

また、SEALDs団体の行動を特に気にかけていなかった人や半支持者、戦争反対を唱える人達からも

『長崎人です。原爆、戦争わりと勉強してる方です。特攻非難わかります。本当にだめです。だからもうしないように。その言葉だけでいいのでは、、、。恥 と言うのやめていただけないですか?そうやってまわりに親族無くした方いるんですよ私の周りには。』

という反発の声が流れたが、これらの反発を行った人はかたっぱしからブロックしているようだ。
一つ擁護すると、現在、彼女は『特攻隊に言った覚えはない。変換ミス』と釈明しているが、一度消した『特攻隊は日本の恥』からはそういった要素が見られない事もありあわてて解釈変更したものだと考えられる。

自身の主張を通したいという想いは分かるが、パリのテロを結びつけた反政権運動や、過去に命を落とし日本を守った人達をおとしめる姿に賛同をえる人は少ないようだ。


hgfgf.jpgjyug.jpggnb.jpg


出典1『政治団体への寄付には政治資金規正法が適応されます。下記項目をご確認、同意の上、ご寄附をお願いいたします。』SEALDs公式寄付受付サイト
http://www.takebackdemocracy2015.com/

出典2『特攻隊は日本の恥。 美しいものなんかじゃない。それを美しい精神にしようとする人たちが怖い。ありえない。人として。 』SEALDs女性隊員ほなみ公式ツイッター ※現在削除

出典3『自分的には特攻も、良く誇り高き日本みたいな美化されるけど、…』奥田愛基公式ツイッター ※現在削除
https://twitter.com/aki21st/status/364553576699682816

出典4『自分的には特攻も、良く誇り高き日本みたいな美化されるけど、…』SEALDs女性隊員ほなみ公式ツイッター
https://twitter.com/rock_west_/status/667193495925338112

この報道に関しての世間の感想やコメントを見る

テロ共謀罪に批判する人達に日々安全に暮らしたい一般人から批判の声



パリのテロをうけ、フランス政府はテロに対する防止力をより一層強化しようと新しく法整備を行う事を決めた。
このテロの影響は決してフランス国内だけではとどまらず、日本にもテロに関する法整備を行うきっかけを作り自民党・谷垣幹事長が「テロ対策として、殺人などの重大犯罪の謀議に加わっただけで処罰対象となる「共謀罪」を新設する必要がある」と表明している。

谷垣幹事長の発言を聞き、一部で批判の声がながれているが、異論がお門違いないものから「やましい事がある」としか思えない人々の阿鼻叫喚に疑問の声が流れている。
今回の発言に関して主な批判は以下の様なもの

「テロを理由に国民を弾圧する方法」
「ファシズム国家を作ろうとする手段の一つ」
「緊急事態を理由に国民を拘束するつもり」
「表現の自由の侵害」


という内容が多く、上記の点で反対を唱える声があがっている。
この共謀法に関して強く批判したのは社民党の福島みずほ議員である。彼女は自身のツイッターで

『自民党の谷垣さんが、共謀罪の必要性に言及。一切何も行動していなくて、予備罪でもなく、共謀だけで、処罰するなんて大問題。話しただけで、処罰である。


と発言し「テロを“共謀するだけで”処罰なんて大問題」と公で唱えることとなった。彼女の言い分では「テロを企てることも権利の自由」というのだが、この発言にはただ現政権を批判したいだけで日本の事を考えているとは思えないという多数の批判の声があがった。

反対派の言い分は日頃安全に生活している一般人からすれば「やましいもの」としかおもえず、以前テレ東がテレビで特集した中核派アジトの映像で構成員が「革命のためなら政府や国の人間を殺すことも辞さない」という趣旨の発言をしたのがうつされた時は一般視聴者は恐怖を抱いたものだが、彼女たちにも表現の自由や言論の自由、人権が守られており、行動は制限されていない(公安の監視のぞく)のだ。

「表現の自由の侵害」「政権批判をできなくなる」事を心配する声も分かるが、この共謀法が可決されても「国会に武力攻撃をかける」「火炎瓶をつくる」「自身と違う政治思想の人物を殺害する」「日本人を大量虐殺する」等の過激な話し合いをしていた証拠がなければ現段階では逮捕することは難しくなると考えられており、今までどおり政府批判も体制批判も問題なく行えることは確実と考えられている。
今回、日々安全に暮らしたい一般市民や事前にテロを共謀する人達の行動を止めることも必要であると考える人から、福島みずほはじめ反対派の言い分に共感をえる人はすくないようだ。

jgh.jpgbbf3bfda.png


自民谷垣幹事長、テロ対策に「共謀罪必要」


自民党の谷垣禎一幹事長は17日、国内のテロ対策の一環として、殺人などの重大犯罪の謀議に加わっただけで処罰対象となる共謀罪を新設して国際社会と連携する必要があるとの認識を示した。「来年は日本で主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)を行う。情報がないと、十分な対応はしにくい」と述べた。

 共謀罪をめぐり国連は00年11月に「国際組織犯罪防止条約」を採択し、日本政府は同年12月、署名。これまで共謀罪新設のための組織犯罪処罰法改正案を3回提出したが、いずれも廃案となった。実行行為がなくても処罰対象となるため、野党や日弁連は「国民監視につながる」と立法に反対している。
http://www.nikkansports.com/general/news/1567683.html

この報道に関しての世間の感想やコメントを見る

東京新聞の記事に物議 「テロ被害者は我慢する事が必要」



フランス・パリのテロに関しての報道の仕方について一部日本のメディアに疑問の声が流れている。
読売テレビの報道番組(出典1)では「国際社会はテロに関して徹底的に非難する」「空爆を行う」というのが常識だが、日本ではテロや空爆の話題になると「報復に対する批判」が起こる論調になる事がありその点にコメンテーターが言及する一幕があった。

先日のTBS「サンデーモーニング」ではまさしく上記を体現したような報道内容になっており、テロを痛烈に批判するというよりも「テロも確かに悪いが、その状況を作り出した国際社会が悪い」「テロも確かに悪いが、対話という努力をしなかったのが悪い」「テロは確かに悪いが、日本も集団的自衛権が成立したことにより危険性がました」というようにパリのテロを利用したプロパガンダ放送番組となりフランスの被害者や犠牲者には到底見せられないような内容に世間では非難の声が相次いだ。

上記と同じように東京新聞もテロに関して独自の視点で記事を掲載し物議を醸している。その内容はSEALDsメンバーの取材や意見を引用し掲載、『「暴力で報復 間違い」 日本の若者が平和と連帯訴える』という記事タイトルで掲載された。

その中で

『「んー、何ができるんだろう」と考え込んだ。「言えることは、暴力に暴力で返すってのは危険な考えだってこと」。もしも自分の家族がテロで殺されたらどうか。「つらいですよね。でも、そこで踏みとどまらないと。恨みだけではいけない」と思う。』

ISが生まれた背景について「そこまで追い込んだのも欧米」と話し、「日本は米国に追従しているだけではだめ。米国の利益のために行動を求められても断るべきだ」と考える。集団的自衛権の行使を容認し、米国との結び付きを強めた日本。「今ここでテロが起こる可能性は上がることはあっても、下がることはないだろう」と話す。』

『世界でイスラム教徒への差別や排除が起きないか心配する。「日本でも人種差別につながるヘイトスピーチのような動きが起きないよう、それは違う、と言っていかないといけない」』

とインタビューした人物の意見を掲載、まさにテロを利用した東京新聞社の政治的思想を主張したいだけの記事内容となり非難が相次いだ。結局、「テロ集団を追い込んだ欧米に追随し集団的自衛権の行使を容認した日本政府に対する批判」であり「テロ集団を生み出さないようにヘイトスピーチを規制する必要性を説く事」はテロを利用し無理やり社説や会社の趣旨に結びつけた内容となり違和感を感じる人が多かったようだ。

「テロで殺された犠牲者やその家族は踏みとどまる事が重要」「日本の集団的自衛権は危険」「ヘイトスピーチがテロ集団を生み出す」、これらの報道に関してはいかにも現地で経験していない若者のきれいごとや意見であると考えると共にテロを引き合いに安倍政権や自身の政治思想をここぞとばかりに主張する姿に批判の声が流れている。

ちなみに最近の「人を殺したかった」というタイプの快楽系殺人事件(名古屋女子大生殺人等)に関して、知り合いや顧客と話題になることがまれにあり(※こういう殺人がニュースに取り上げられる事とテレビの付いている飲み屋に行くことが多いことが話す要員の一つにある)、その際に恨み以外で子どもや家族を殺害されて「黙って耐える」「我慢する」という答えを聞いたことがないこともあり、SEALDsのメンバーや「対話が必要」という著名人はよほど聖人である事が伺える。

テロ集団と対話をする・テロ集団の作り出さない国際社会の形成・テロ集団に殺されても家族は我慢しないと暴力の連鎖になる これらの現実味のない綺麗事に共感を示す人は少ないようだ。


出典1・読売テレビ『朝生ワイド す・またん!』11月16日放送分

hggh.jpgtyh.jpg


「暴力で報復 間違い」 日本の若者が平和と連帯訴える


パリ同時テロの犠牲者を悼むかのように、エッフェル塔をあしらったピースマークを描いたプラカードが、東京・新宿で開かれたシールズのデモ会場に掲げられた。テロの悲劇を繰り返さないため、暴力の連鎖を生み出さないため、何ができるのか。集まった若者たちに聞いた。
 シールズメンバーの大学生、小林俊一郎さん(19)は参加者の中にピースマークのプラカードを掲げた人を見つけた。マークは、同時テロ後「パリに平和を」とのメッセージとともにインターネット上で拡散しており、「自分たちでも被害に遭ったパリの人たちを悼み、孤立させないようプラカードで気持ちを表現することはできる」と語る。
 過激派組織「イスラム国」(IS)の犯行の可能性が伝えられ、世界でイスラム教徒への差別や排除が起きないか心配する。「日本でも人種差別につながるヘイトスピーチのような動きが起きないよう、それは違う、と言っていかないといけない」
 相模原市の大学生、松山みあささん(20)は「んー、何ができるんだろう」と考え込んだ。「言えることは、暴力に暴力で返すってのは危険な考えだってこと」。もしも自分の家族がテロで殺されたらどうか。「つらいですよね。でも、そこで踏みとどまらないと。恨みだけではいけない」と思う。
 
 二〇一四年夏までパリに留学していたという新宿区の大学院生、鹿野祐嗣さん(27)は「当時はテロなんて起きる雰囲気じゃなかった」と振り返る。
 ISが生まれた背景について「そこまで追い込んだのも欧米」と話し、「日本は米国に追従しているだけではだめ。米国の利益のために行動を求められても断るべきだ」と考える。集団的自衛権の行使を容認し、米国との結び付きを強めた日本。「今ここでテロが起こる可能性は上がることはあっても、下がることはないだろう」と話す。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201511/CK2015111502000115.html

この報道に関しての世間の感想やコメントを見る

「テロが起こるのは国際社会が悪い」と言わんばかりの放送内容に反発の声



日曜の朝から放送される各局報道番組。15日はどの放送局でもフランスのパリ大規模同時多発テロに関して大きくとりあげる事となった。ほとんどの番組がテロを非難するとともに現地の状況を報道することとなったが、TBS「サンデーモーニング」ではフランスのパリ同時多発テロと関連付けてアメリカの911報復や日本の安保法案、国際社会のあり方を議論する内容を放送し注目を集めた。

番組ではテロ行為について痛烈に批判する姿はあまり見られることはなく、コメンテーターがいまだにISを「イスラミックステート」呼称ではなく「イスラム国」と呼びつづけ「テロを生み出す国際社会が悪い」「報復する事が悪い」「テロに走らせる人物を作らせるような孤立した社会が悪い」「テロ組織には暴力ではなく話し合いを」というような発言がとびかい「テロではなくテロ集団を形成させた国際社会や社会を非難する内容」と捉えかねない報道を行う異色のものとなり、実際にテロが起こったフランス国民や犠牲者の事を考えてるとは到底思えない放送内容となった。

これらの発言に関しては違和感も多く、特に911多発テロが起こった事に関して報復した“アメリカの行動”を非難した点や、

田中優子氏「報復するのではなくて、このような暴力行為が無効になるような社会を作るにはどうするか、世界として考えるべきときに来ている」
田中優子氏「暴力ではなくテロ組織との対話が重要」
田中優子氏「国際社会はテロに関して報復することばかり 対話をすすめるという努力を怠っている。その点に関して何も努力していない。」

安田菜津紀氏「(テロ集団を作り出した)責任というのがイスラム国を生み出してしまった国々にあり それはアメリカや日本も例外ではない。という人もいる」
安田菜津紀氏「私たちは無視されているという気持ちにさせる国際社会がテロが起こす原因になる」

岸井成格氏「日本で安保法制ができた事により、自衛隊が派遣する場所が内戦やテロという状況をふまえるとターゲットになりやすくなってるのは事実。日本も他人事ではなくなる」

のような「テロという暴力に走る集団」と話し合いをするという理想論や「安保法案改正がテロの対象となる」というパリのテロを利用した日本政権批判、「テロ組織ではなく国際社会が悪い」という非難すべき対象を明らかに間違っている発言に関して批判の声が多数流れた。

番組中では何度も「テロ対策は21世紀の世界的課題だけど、日本はどういう役割を果たしていくのか」ということを視聴者にせまったが、番組の論調でいうと安倍首相の報復ではなく「貧困や教育を解決するための人道支援」は正しいものだと感じるのだが、その件に関しては議論にあがることさえなかった。


また、番組最後には
岸井氏「シュミットさんは日本はイスラムの国々と仲良くしているが、なぜアジアに友人を作れないのかと言う」

という発言を行いあたかもアジア諸国全体と日本がよい関係を築けていないともとれるような内容を全国地上波で発信し世間では非難の声が流れる事となった。
突っ込みどころが多数あった15日のTBS「サンデーモーニング」、犯罪やテロを痛烈に批判しない番組態勢に視聴者からは不信感を感じる声がよせられている。

サンデーモーニング (1).jpgサンデーモーニング (2).jpgサンデーモーニング (3).jpgサンデーモーニング (4).jpg

この報道に関しての世間の感想やコメントを見る

前へ123456789次へ

  • 時事通信社
  • 産経新聞社
  • 朝日新聞社
  • 読売新聞社
  • 毎日新聞社

サイト内検索

トピックス

サイト概要(ご注意)

サイト管理人(こんなこと考えてます。意見が違う人は不快にさせるかもしれませんのでご注意を。)
  • 安保法案改正賛成 対案を出さない野党は「現在の国際情勢」でも「現状維持」でいい必要性を国民に説明する必要がある
  • 若者のデモは否定しないし実際に動くのは凄い ただし事実誤認したり現状把握をせず「反対」と叫ぶだけだったり、自分たちに都合のいいように印象操作を行うのは共感できない また少数派であってマスコミに担ぎあげられ国民の総意としての発言はしてほしくない
  • 憲法を守って国民を守れない よりは 憲法解釈を変えて国民を守る 方が重要と考える
  • 安保法案に賛成だが自衛隊の海外派遣に関して国会事前承認義務は必要と考える 超緊急はその限りではない
  • 反対派の徴兵制や経済的徴兵制発言はありえない 「徴兵をするための財源確保の難しさ」と「近現代のにおいて徴兵してき素人使うメリットがない」という専門家の意見参照 印象操作甚だしい
  • 原発は太陽光発電のさらなる効率性やその他まかなえる発電法開発等が研究されれば必要なくなると思う 現状は必要か?
  • TBS・テレ朝の偏向報道の酷さに辟易 安保に関しては海外の賛成国の反応や国民の意見を黙殺しすぎ ただし社会福祉面の報道はたまに評価できる内容もある

注目リンク

批判するなら相手を知る必要があるということで…

記事カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

twitterでのコメント

最近コメントされた記事(多少時間差有り)

本日人気記事(上部ヘッドラインに移動してます)




今読まれている記事ランキング

アクセスランキング