国民の代表であれば暴力をふるっても構わない 身勝手な小西ひろゆき氏の発言に批判



先日、他の議員に膝蹴りを行った後、ダイブした民主党・小西ひろゆき議員。自民党議員を守るために拳で押し返された点に関して

強行採決の際に受けた殴打ですが、映像等にあるように事実です。違憲立法阻止のため、与党議員スクラムの頭上から委員長の手元の議事次第を確保するのに必死で気付きませんでした。若干の腫れが出ています。映像で観る限り故意の技巧的殴打のようですが、背後からの引きもあり倒れたと理解しています。(出典1)

として、自身の行いに関しては釈明せず一切を「自民党・佐藤議員の暴力によって傷つけられた」という立場をとっている。
議論ができない民主党・小西氏の先制攻撃によるダイブを自民党・佐藤氏が自民党議員を守ろうとする姿に関して1人のツイッターのつぶやきが広がり「まさに集団的自衛権の事例」として各メディアにおもしろおかしく取り上げられた。

この件を受け、小西氏は徹底的に反発することを選び、ツイッターで

佐藤理事(日本)が委員長(同盟国)を守る集団的自衛権(殴打)との馬鹿げた主張がある。敢えて指摘すれば、官邸・佐藤隊長指揮の不法侵入者(部外議員、秘書)動員による憲法強奪(強行採決)の武力攻撃(クーデター)に対し、私は国民代表として憲法を守る正当防衛(個別的自衛権)を行ったまで。(出典2)

と発言する事となった。自身の暴力を認めず身勝手にも「国民代表」として「防衛した」と言い張る姿に共感をえる人は少なく非難の声が流れた。
また、明らかな先制攻撃であるダイブを「正当防衛(個別的自衛権)」と発言したことにより、民主党議員は「個別的自衛権」という名目で「先制攻撃」を行うことも厭わないという事例ができ、突っ込みどころがある発言には呆れる声が流れた。小西氏は安保法案成立に関して

憲法違反の安保法制の強行採決は、アメリカ独立宣言やフランス革命など250年余りの近代立憲主義の歴史の中でも、何本指かに入る歴史的な大事件。
主権者である国民の憲法が、内閣と国会によって蹂躙(じゅうりん)された。その次は、国民そのものが蹂躙されることがやってくる。(出典3)

と発言し「安保採決」があまりにも酷いと痛烈に批判しているが、安保法案可決から今日までの彼のツイッターやメディアでの発言は保身や自己正当化が多くその信憑性は薄れており支離滅裂な発言と、「国民の代表」と言い張り暴力を正当化する姿こそ「危険である」と考える人が多いようだ。
テレビでもダイブの動画が何度も流れ「明らかな先制攻撃」であると認識されているにも関わらず詭弁で論点をずらし自身の意見が通らなければ暴力も辞さないだけでなく、その責任を他者におしつけ正当化する姿に評価できる人は少ないようだ。

hty.jpgytr.jpg





出典1「強行採決の際に受けた殴打ですが、…」小西ひろゆき氏公式twitter
https://twitter.com/konishihiroyuki/status/644525188101443585

出典2「佐藤理事(日本)が委員長(同盟国)を守る集団的自衛権(殴打)との馬鹿げた主張…」小西ひろゆき氏公式twitter
https://twitter.com/konishihiroyuki/status/645930260094021632

出典3「憲法違反の安保法制の強行採決は…」小西ひろゆき氏公式twitter
https://twitter.com/konishihiroyuki/status/645607703520215040



なんという皮肉…… 民主党議員の「暴力行為」が、集団的自衛権の必要性を証明してしまった! 現代ビジネス


■民主党に学ぶ集団的自衛権
2.小西洋之参院議員のダイブについては、ちょっと不謹慎かもしれないが、この乱闘は、集団的自衛権を説明するのに好都合だと思った。本コラムの読者であれば、筆者が、国家の集団的自衛権を個人における正当防衛と対比して説明しているのをご存じだろう。

刑法で正当防衛を定めた第36条では、「急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為は、罰しない」(第1項)とされ、「他人の権利を防衛する」がある。英語でいえば、自衛も正当防衛もまったく同じ言葉(self-defense)である。

自国のための自衛を個別的自衛権、他国のための自衛(他衛)を集団的自衛権という。両者は一体になって自衛である。
(中略)
民主党は、佐藤正久氏(自民党)の拳が暴力と言うだろう。動画を見れば、鴻池氏を守るための「正当防衛」であるが、民主党では集団的自衛権を否定している人も多いので、他人を守るのは「正当防衛」ではないというロジックになるからだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/10616011/