暴徒化するSEALDs 警察官に暴行し3人逮捕



15日、国会前でデモが行われた際に「警察官に暴力をふるい」3人が逮捕された。SEALDsや安保法案反対派はこの逮捕について「不当」「横暴」と騒ぎ立てているようだ。

SEALDs・後藤宏基は8月28日にこう言った。
「安倍総理が脅威だと名指しする中国や、外交関係が改善しない韓国の人々と話して、遊んで、酒を交わしてもっと仲良くなる。それこそが本当の抑止力。」と。

しかし、彼らの行動からは一切上記のような気概を感じることができないのが現状だ。

デモ隊や安全確保を行う警察を「横暴」「不当」とSNS等で拡散し『警察は敵・警察は悪』として吐き捨て「自分たちこそが正しい」というSEALDsや安保法案反対派のデモは過激さをましていく。

中央公聴会に「国民の意見」として呼ばれた奥田愛基を筆頭に自身こそが「国民の代表者だ(SNS参照)」として自身の行動を客観視できず暴走する姿に批判的な声が流れているが、国民の多数が支持していると勘違いしている彼らに批判的な意見や行動を戒める一般論は少数派の意見として切り捨てものともしないようだ。14日の国会前デモで人数が足りないと考えた警察は一般市民やデモ団体の安全確保を確実に行うために増員を行い治安維持にあたったが、デモ団体は

心ある全国の弁護士の皆さん、明日は国会前に行って警察の横暴がないかどうか見守ってください。昨日今日は本当に危険な場面がありました。しかし一市民の抗議では警察は聞き入れません。弁護士が法的根拠から危険行動を制止させる、これが必要です。ほんまにほんまにお願いします!(原文ママ)

北側信号前。
警察の数がおかしい。
いままでで見たことがない数。
警察によって怪我人続出中なので気をつけてください。 (原文ママ)

昨日国会前に行って感じたけど、警察のしていることは警備ではなく間違いなくデモへの弾圧だった。本当に許せん! (原文ママ)

★大拡散★国会前の警察官と不当逮捕が激増してます。過去四回やられ裁判も闘い抜いた僕の経験では、警察は逮捕に抗議する人が多い時は逮捕を控えます。警察に引っ張られたても勇気出して皆でこちらに引っ張れば取り返せる。怖くても後ろから抗議し、酷い状況を周りに伝えれば警察も焦り控える。ぜひ(原文ママ)

狭い歩道に閉じ込めたデモを凄まじい数の警官が取り囲む写真。この国に言論の自由はあるのですか?集会の自由はあるのですか?権力で無理やり国民の声を封じる国家を民主国家と言うのですか? (原文ママ)


と「警察が不当逮捕をおこなっている」「警察は横暴」「警察によってけが人続出中」と警察を『悪』と見立てたツイートを拡散したりありもしないデマを流している。しかもこれらを安保反対派は信じて疑わずRTを行っているというのだからとんでもない。
なぜ「一般市民だけではなく、車道や一般市民が通る場所に飛び出そうとするデモ団体の安全確保」を行い職務をまっとうする警察官が「デモ弾圧」を行い「不当な逮捕」を行うのか、そんなわけはない。

これらの行動を大人たちが戒めるどころか「熱気にあふれている(共産党SNS参照)」と褒め称え絶賛するのだからとまるはずはない。民主党や共産党は彼らの行動に大喜びし「国民の代弁者」という見方をしているのだから恐ろしい。

彼らは自身の過激な行動を正当化するために「警察が言論弾圧をおこなっている」というが、安全にデモできる権利を保障されどこを使用するかも許可を事前に出しているはずなのにあたかも「現政府が弾圧している」という方向に印象操作を行っている。
一般市民と「国民の意見を総じる」安保法案反対派との温度差は広がっている。(FNN調査ではデモに加わりたいと思わないという人が大半を占めた)

経緯
※1「鉄柵どけろ」「警察は敵」SEALDsが暴徒化 警察の安全確保を無視し歩道の柵を破壊 支持する共産党や大人はルール違反を戒めず「熱気にあふれています」と後押し 安保反対派と中立・賛成派の温度差広がる

※2SEALDs支持層「報ステで警官がバンバン人を押しまくる暴行場面が映った」と安全確保と職務を全うする警察を「横暴」「不当」「過剰警備」と悪者扱いし拡散 鉄柵を壊し暴徒化した自身のルール違反には言及せず
過激派SEALDsのデモ (2).jpg
過激派SEALDsのデモ (3).jpg
過激派SEALDsのデモ (4).jpg
過激派SEALDsのデモ (1).jpg


シールズなど抗議活動 国会前混乱、3人逮捕 産経新聞


安全保障関連法案に関する参院の中央公聴会が開かれた15日、東京・永田町の国会議事堂周辺では同法案に反対するグループが抗議活動を行った。公聴会で意見を表明した法案に反対する学生グループ「SEALDs(シールズ)」の中心メンバーで明治学院大4年、奥田愛基(あき)氏らがマイクを持ち主張を訴える中、一部の参加者が車道を占拠。男3人が公務執行妨害の現行犯で逮捕されるなど国会周辺は異様な雰囲気に包まれた。
(中略)
警視庁はこの騒ぎの前後に、警備に当たる警察官を暴行したとして、男3人を公務執行妨害の現行犯で逮捕した。この日、主催者側は参加者が1万人以上だったと発表。警察当局はピークで約4千人だったとみている。安保法制をめぐる議論が山場を迎える中、国会周辺では16日以降も抗議活動が予定されている。
http://www.sankei.com/affairs/news/150916/afr1509160005-n1.html