無償のボランティアと市職員の災害時の対応を同列に語る市民と市議に批判的な声相次ぐ



鬼怒川決壊等が起こった2015年9月の日本を襲った天候や水による災害は記憶にあたらしい。
当時は自衛隊の活躍が多数のメディアで流れ絶賛する声が流れたが、一部市職員も休まる間もなく待機したり働いたりと普段以上に働いたことも判明しており、例に出すと常総市の勤務可能な全492人の平均残業時間は“139時間”に登ることが報道された。

どれほどの仕事量をこなしたかは定かではないが、台風や災害時の際の公務員の働き方を知っている人ならば、当時の水害で相当量働いていたであろうことは容易に想像できる所だ。

しかし、毎日新聞がこの件に関して物議をとなえるような記事を掲載し注目を集めている。そのタイトルは

市職員、9月分給与100万円超も 水害対応で、残業最高342時間 /茨城

というもの。このタイトルだけ見ると「公務員がこれだけ貰うなんておかしい」という世論煽動を行おうとしている部分が透けて見え、記事内容も「市民や市議に対しる批判」は書かれておらず、「市民」「市議」が「もらいすぎの市職員に疑問の声がある」ということを重視し掲載している部分には公務員に対する悪意を感じる人も多かったようだ。

さて、実際にこの記事を見て流れた感想は毎日新聞や市議・一部市民の思惑とは裏腹は

「無償のボランティアと仕事を同列に語ること事態がおかしい」
「働いたのに手当出さないという論調こそがおかしい」

という市民や市議に対する批判の声がほとんどを占める事となった。
ボランティアは素晴らしいことであるが、市議や市民が「自主的に無償で行うボランティア」と「仕事として対応に負われ残業代を支払われた市職員」を同列に語ること事態がナンセンスで遠藤章江氏の発言からは「公務員を叩き人気をえよう」とする魂胆がみえ案の定批判が殺到することとなった。

遠藤氏が言うには「災害対策で働く公務員に残業代を出してもいいが、時間相当分の残業代を払うという点は疑問。できるだけ少なくするべき」と公務員が正当報酬である残業代を時間相当分もらうことを否定し、「自発的なボランティアが無償で働いているのだから公務員もそれにあわせていくべき」という事のようだが、労働基準法にそわない手段を示した公務員の給与批判には納得できる人は少なく、違和感を感じる人が多かった。

yrth_e.jpg
aace3289_e.jpg


市職員、9月分給与100万円超も 水害対応で、残業最高342時間 /茨城


常総市は4日、関東・東北豪雨への対応で残業し、9月分の給与が100万円を超えた職員が十数人いたことを明らかにした。水害が発生した9月10〜30日までの残業時間は最高で342時間だった。市議会で遠藤章江氏の一般質問に答え、傍聴席の市民から大きなため息が出た。

 市側の答弁によると、勤務可能な全492人の同期間の平均残業時間は139時間だった。

遠藤氏は「もらう権利はあるが、全国から来たボランティアが無償で働いている中、市職員が多額の給与をもらうことに市民から疑問の声が上がっている」と指摘。給与が高額にならないよう、災害時の特別給与体系の創設を求めた。
http://mainichi.jp/articles/20151205/ddl/k08/010/130000c

この報道に関しての世間の感想やコメントを見る

報道ステーションの三島由紀夫を利用した政権批判に疑問の声



三島由紀夫が割腹自決を行った11月24日、報道ステーションで「検証・三島由紀夫事件~45年目の真実~」という題名で特集が組まれ注目を集めた。

VTRに入る前に古舘氏は「私は高校一年でした。秋葉原駅でプラットフォームで他の人が号外を見ている紙面を見てびっくりしました。」と当時の事を思い出し発言し、さらにこう続けた。「一体、45年前に三島由紀夫は何を訴えていたのか?」と。

VTRで流れた陸上自衛隊東部方面総監部の総監室に総監を助けようと突入し三島由紀夫の刀で切られ重症を負った寺尾克美氏の事件当時の緊迫した様子の証言は興味深いもので、「会議室から総監室に二手に分かれて入ろうとしたこと」「森田必勝が総監を拘束していた当時の様子」「おもちゃの刀と思って握ったらすっと引かれ血が溢れでたこと」等、生々しい当時の思い出話(証言)や元楯の会・伊藤邦典氏らの話は関心を持って見る視聴者も多かったようだ。

これらVTRの内容自体に関しては貴重な体験談等が放送された事もあり評価は悪くないものとなった。


報道ステーションが三島由紀夫の演説で字幕付きで流したのは

「去年の10月21日から一年間、俺は自衛隊が怒るのを待ってた。もうこれで憲法改正のチャンスはない自衛隊が国軍になる日はない!建軍の本義はない!」
「自衛隊にとって建軍の本義とはなんだ。日本を守ること。日本を守るとはなんだ。日本を守るとは、天皇を中心とする歴史と文化の伝統を守ることである。」
「男一匹が、命をかけて諸君に訴えてるんだぞ」

という部分で、三島由紀夫の檄文の中で報道ステーションがテロップで大きく流したのは

戦後の日本が、経済的繁栄にうつつを抜かし国民精神を失い」(背景には安保法案可決の際の映像)
国の根本問題である防衛が、御都合主義の法的解釈によってごまかされ
もっとも悪質の欺瞞の下に放置されて来たのである

という部分であった。

これらの映像放送後、報道ステーションのコメンテーターが三島由紀夫に関することで発言をしたが、この発言があまりにも酷いと反発の声が流れることとなった。以下、古舘伊知郎氏と立野純二氏の発言

古舘「半分この人がやった事を考えると冷めるんですよね。暴力ですから。でも半分ぞくぞくする、いい事いってる部分もあるんで。興奮してはいけないんでここれでコメントをひかえますが、立野さんどう思いますか?」

立野「大義に殉ずる美学とかですね、三島の武力に対する異常ともいえる執着、そして最後の振る舞い。それに関して理解も賛同もしません。が、日本という国のありよう日本というアイデンティティをこれほど考えた芸術家はいないでしょうね

古舘「はぁ」

立野「あれから45年たったわけですけども、日本の国防政策を首相がアメリカの議会に報告する。あるいは沖縄に住んでいる日本国民の声よりも米政府の声に耳を傾ける。こんな政府がいる今、国の状態をみたら今三島はなんというか、聞いてみたいですね

古舘「三島は言ってるんですね。このままじゃアメリカの軍隊になっちゃうぞって。国の根本問題である防衛が法的解釈によってごまかされる。これは右も左も関係ない。今と重なっちゃったんですよね」 CMへ

報道ステーションの番組の趣旨で三島由紀夫と意見が一致するのは「アメリカに追従するな」という点ぐらいであると考えられるが、護憲主義の朝日が三島由紀夫の特集を行い、「改憲せよ」「軍隊を作れ」「天皇陛下を中心にした日本の在り方を」「自分の国は自分で守る」という点をうまく回避し言及する事無くなぜか現政権批判につなげるところは違和感を感じる人が多く、「死人に口なし」と言わんばかりの三島由紀夫を利用した朝日のプロパガンダ報道の異常性に反発の声が流れた。
これは三島由紀夫に詳しくない一般視聴者も同じで、「VTR中では上記の発言がテロップとして流れていた」にも関わらず急に沖縄の話や政権批判に繋げるコメンテーターの発言部分には疑問の声が流れた。

檄文や演説の一部をうまく抜き出し安倍政権批判を行う姿は偏向報道以外の何物でもなく故人の発言をまるで本来の意味と違うように使う姿は異常だ。
今回の報道で「朝日系列」は死人の発言でさえもアプローチをかえ偏向解釈してでも自社の政治主張のために利用していく姿が見られる番組態勢に視聴者からは不信感を感じる声がよせられている。

もっとも悪質の欺瞞という三島の一文をテロップで抜き出し立野氏は「今の三島が見たらどう云うだろう」と言ったが、クオリティペーパーとは到底言えず人の思いをふみにじり死人の発言を利用し自社の論調に偏向・変更していく朝日系列こそ一度その言葉に耳を傾けるべき必要性があると考える人が多いようだ。

hjgnbf.jpg
hgfg.jpg
kjhg.jpg
CUlRCZHUYAUT9TJ.jpg

この報道に関しての世間の感想やコメントを見る

大阪自民党の政治動向と選挙動向に多数の関西メディアが厳しい意見を表明



大阪知事市長選のダブル選挙は昨日今日と大きく報道され大阪自民党の露骨な「反対のためだけの反対」をおこなう政治手腕はあっさりと敗北を喫し世間では納得の声が流れている。

応援にかけつけたSEALDsやそのメンバー一部はツイッターで「大阪の民意がおかしい」「若い人が選挙にもっと行っていたら結果が変わっていた」(出典参照)などとつぶやき悔しさを露わにしたが、“選挙に行って維新に票を入れた大阪府市民が民意に反している”として自身らを民意として信じて疑わない発言と“選挙にいかなかった人ではなく選挙に行った人”を蔑む発言には非難の声が流れた。しかし、今回の選挙結果をみると若い世代は大半が維新に入れており「投票率が高ければ高いほど差がついていた」可能性は高く、それは朝日新聞が報じた各地域や世代の投票結果(出典)をみれば明確でSEALDsの言い分はあっさりと覆されることとなった。
柳本氏と栗原氏は大阪市民の前で民主党・共産党やSEALDsらとともに「まともな民主主義を取り戻しましょう」と演説していたが、実際に民意の風を受けることとなったのは維新側だった。

選挙結果では男女年齢別では70代以上女性以外は出口調査で維新に会に入れたという結果が出て、地域別では柳本陣営の本拠地・西成区以外は全て維新の吉村氏が勝つという結果に終わっただけではなく、西成でも50票差以内の差で負けただけという快挙をなしとげた。

この結果を受け、夜や深夜、また本日の朝にくまれた関西メディアの特集では様々なコメンテーターが大阪自民党の選挙手腕、政治手腕に対し違和感等を口にし批判することとなった。

一例で言うと
読売テレビTEN記者・伊藤氏「共産党や民主党が柳本候補を応援することに違和感を感じる人が多かった。応援にも共産党支持者がプラカードを持ってかけつけ自民党支持者からも異常な光景とうつった」

関西テレビ選挙特番・宮崎氏「なぜ自民党の候補者を応援するのに色々、共産党系の方々が動いているのかというのが理解し難い

フジテレビMRサンデー・竹田圭吾氏「都構想否決後に自民党が何もやらなかった。維新が譲歩したのに大阪会議を進めない。それにお灸をすえたいというのが府民・市民の気持ちでは」


というように大阪自民党支持者のうち維新の票に入れることを決めた有権者が感じている違和感や維新に票を入れた有権者の意見を代弁する形となった。
選挙結果をみると大阪府知事選はダブルスコアで栗原貴子が大きく敗北したが、当初、いい勝負になると思われていた市長選に関しても維新の党が勝ったのは自民党票が流れたのも一つの要員としてあり、明らかに柳本陣営の『大阪市民に未来を見せることができない』『検討するだけ』『反対のためだけに共産党とも組む異常性』という選挙手腕が間違えていたことが改めて認識されることとなった。

選挙大敗後、柳本氏は「決して共産と共闘したわけではない」と発言しているが、出口調査の結果を見ると共産・民主・公明支持者がほぼ反維新側にいれるという組織票があかるみになり、この言い訳は通じないものとなっている。
また、西成区での開票結果から柳本氏は本丸である西成区の有権者から見てもいかに仕事をしてこなかったという事が証明される一つの事例となった。

jghg.jpg
gjju.jpg
hyy.jpg
khjg.jpg

出典『自民惨敗、共闘がアダに…柳本氏「決して共産と共闘したわけではないが…」野合批判払拭できず』産経新聞
http://www.sankei.com/west/news/151122/wst1511220099-n1.html

出典『わずか13票差 初当選吉村氏、全24区のうち唯一敗北が対立候補の地元・西成区』産経新聞
http://www.sankei.com/west/news/151123/wst1511230027-n1.html

出典『大阪おわったな。 四年間最悪だぞ。都構想も復活するかもね 』『いやー どこまでもアホなのね大阪人は』『騙されても騙されても維新か。
馬鹿馬鹿しい、さよなら大阪やね。 』『投票いかなかった人はおわってるとゆーより、始まってすらないよなきっと。いつ始まるんや?!白票入れた人は白票がどう左右するかもうちょっと考えて投票してほしかったな。維新入れた奴はもうどM確定な。 4年間腹立つニュースばっかりになりそうで今から頭痛が。。。北海道の問題も山程ある。。。 』SEALDs有名女性隊員twitter
https://twitter.com/rock_west_/status/668384800957296640(批判のため一部削除)

出典『大阪W選挙の地域別投票率』朝日新聞紙面(以下に画像)

以下出典画像
9ae1ae8d-3114-4738-8bd7-be187bb52de0.jpg
a2df47b7-20df-4205-bdd5-79ec8137b99c.jpg
uy.jpg
jgvmh.jpg



自民惨敗、共闘がアダに…柳本氏「決して共産と共闘したわけではないが…」野合批判払拭できず


死闘の末に大阪都構想を退け、歓喜に沸いた5月の住民投票からわずか半年。大阪市長選に柳本顕氏(41)、大阪府知事選に栗原貴子氏(53)を擁立した「非維新勢力」に待っていたのは、2敗という厳しい結果だった。

 投票が締め切られた午後8時ちょうど。「2敗」を知らせるニュース速報が流れ、自民党陣営は重苦しい雰囲気に包まれた。谷垣禎一幹事長をはじめ、党本部からも幹部や閣僚が来援しての総力戦を展開しただけに、惨敗のショックは大きい。

 「個人を選ぶ市長選が橋下市政の信任投票になってしまった」。大阪市北区の選挙事務所に姿を見せた柳本氏は、表情をこわばらせて深々と頭を下げた。

 敗因を「私自身の発信力不足。危機的な大阪の経済状況や混迷を知ってほしかったが、理解が得られなかった」と振り返った。

 共産党や民主党の自主支援を受けたことが「野合、談合」と批判されたことについては、「決して共闘したわけではないが、(批判を)払拭できなかった」と語った。
http://www.sankei.com/west/news/151122/wst1511220099-n1.html

この報道に関しての世間の感想やコメントを見る

大阪自民党連合の胡散臭さに民意が傾かず 大阪維新の会が圧勝



テレビの速報で大阪W選挙に関して大阪維新の会「松井一郎氏」「吉村洋文氏」当選確実という速報が流れた。
この結果に関しては予想通りとなったと感じる人は多い。

それもそのはず、都構想住民投票の際から共産党や民主党と組んだ大阪自民党反維新連合に支持者の中でも違和感を感じる人が多かっただけに、今回も「反維新」を唱えるだけの共闘には疑問の声もあり自民党支持者が維新に票を入れる事も想定されていたからだ。

反対だけの反対は関西メディアのテレビ番組生放送討論でも太刀打ち出来ない事が露呈、大阪の未来をどのようにしていくかという事を考えていた事がわかる大阪維新と「ミスター検討」と皮肉めいて言われた柳本氏・栗原氏の発言や具体案の非現実性の差は歴然となり、反維新連合が大阪がよくなる未来を視聴者に見せる事ができなかったというのも大きい。

一例で言えば、栗原貴子氏は湾岸区の開発や発展を「阻止しよう」としているとしか思えない咲洲庁舎退去方針を表明したが、その案でどれほどのメリットがあるのか経済効果があるのかという事に明言できなかった点は「維新の政策に難癖つけたいだけのもの」であることが明確化しただけでなく維新側の説明の際に何度も話をさえぎり高圧な態度をとるなど、その政治手法だけではなく人の話に耳を傾けない態度にも厳しい声がよせられることが多々あった。(落選した理由は政治政策の具体性のなさだけではなく人間性にも厳しい声があり、「この人には入れたくない」と生理的に感じさせる姿が生放送番組で何度も見られ、番組視聴者からの感想として態度や姿勢に関してマイナスの評価が多数流れた点は大きく関連する。)

大阪自民党柳本氏は、テレビ生出演では老人票を得たいという思惑が大きく見え「敬老パス無料化」を掲げたが、それをまかなう税金を「どこから支出するのか応えることができない」というような姿を見せただけではなく老人票以外の現役世代から税金を捻出しようとする政策に批判の声が多数流れた。また、生放送番組ではほぼすべての解答には「検討」「話し合い」で応え「問題に対する具体案・解決案を一切示す姿がほぼ見られなかった」ことから上記で言われたように一部で「ミスター検討」と揶揄されることとなった。

しかし、選挙手法として悪手を見せたのはそれだけではない。

最後には共産党についてきたSEALDsと大阪自民党が共闘したのが大きく、またSEALDs関西の演説では「維新反対」「民主主義の否定」という声をあげたが、どうすれば大阪がよくなるかという具体的な構想や「ただただ共産党と大阪自民党を応援しよう」というだけの雰囲気はマイナスにはなってもプラスになったと考える人はほぼいなかった。

今回のダブル当選に関して大阪では期待する声が多数流れ未来に希望が持てるという声が流れている。

hgfyh.jpghjgf.jpg
jhfg.jpgjuty.jpg











大阪維新の2人が当確…府知事・市長ダブル選


大阪府知事・大阪市長のダブル選は22日午後8時に投票が締め切られ、知事選では地域政党・大阪維新の会公認の現職・松井一郎氏(51)の再選が、市長選では大阪維新公認の前衆院議員・吉村洋文氏(40)の初当選が、それぞれ確実となった。
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20151122-OYT1T50099.html

この報道に関しての世間の感想やコメントを見る

中国を批判せず日本政府を批判する蓮舫氏に疑問の声



日米首脳会議で安倍首相が中国の違法行為に関して南シナ海への自衛隊派遣の“検討”を行う事を表明した。

「米艦が南シナ海に進入(侵入)」というように中国の人工島に関して認めていると捉えかねない報道の仕方を行うメディアもあるが、反発として「この人工島を認めると各国が自分たちで島を作り領土を広げることとなる」という報道を行うメディアもあり、日本政府の野党与党とともにメディアでも中国人工島”黙認派”と“徹底批判派”で分かれているのは顕著だ。

現状として中国の南シナ海での国際法違反の行為は咎められるべきものであるが、東南アジア諸国では南シナ海に接している国々以外では中国に経済援助等の関係で口出しできないという「金銭による中国依存」が深刻化し支持はしないものの黙っている国も多い。まさしく「金を人質に取られ中国に物言えぬ状態」である。
しかし日本は国際法にのっとり中国を米国とともにしっかりと批判していく方針を固め、南シナ海への自衛隊派遣の“検討”も行うと表明した。

ここで、この行為に関して民主党・蓮舫氏が

「臨時国会を開かず、海外で好き勝手に発言している。何を意図しているのか。早急に国会を召集し、堂々と説明すべきだ」
「自衛隊が南シナ海でどういう活動をするかは、政府の中だけで判断するものではない。勝手に進めるのは危険だ」

と痛烈に非難する発言を行い注目を集めた。蓮舫氏が“自衛隊派遣の検討”に対して「何を意図しているのか?」「政府の中だけで判断するものではない」と発言したことには疑問の声があがっており、その主な理由は

・自衛隊派遣検討の表明に関しての意図は明確で南シナ海に関して徹底的に批判していくことだが、国際法違反を侵す中国を批判することに何の問題があるのか
・日本政府の判断するべきではない ということは近隣諸国の意図を求めるということなのか?

というようなもので、蓮舫氏の発言は「中国側の意見も聞く必要がある」「中国の領土に関して非難すべきではない」「中国の南シナ海埋め立てに関しては容認していく」と捉えかねない内容になっており非難の声があがることとなった。

単なる自民党批判をしたいだけの反対発言でなければ、中国の違法行為を批判せず日本国内の現政権を批判することには違和感を感じるものとなっており、一般市民から「どこを向いて日本で政治活動をしているのか?」といった声が流れてる。

jhgty.jpg


蓮舫氏「首相は好き勝手」 南シナ海への自衛隊派遣検討を批判


民主党の蓮舫代表代行は20日の記者会見で、南シナ海問題に関して 安倍晋三首相が自衛隊派遣の検討に言及したことをめぐり批判した。
「臨時国会を開かず、海外で好き勝手に発言している。何を意図しているのか。
早急に国会を召集し、堂々と説明すべきだ」と述べた。「自衛隊が南シナ海で どういう活動をするかは、政府の中だけで判断するものではない。勝手に 進めるのは危険だ」とも訴えた。
http://www.sankei.com/politics/news/151120/plt1511200042-n1.html

この報道に関しての世間の感想やコメントを見る

123456次へ

  • 時事通信社
  • 産経新聞社
  • 朝日新聞社
  • 読売新聞社
  • 毎日新聞社

サイト内検索

トピックス

サイト概要(ご注意)

サイト管理人(こんなこと考えてます。意見が違う人は不快にさせるかもしれませんのでご注意を。)
  • 安保法案改正賛成 対案を出さない野党は「現在の国際情勢」でも「現状維持」でいい必要性を国民に説明する必要がある
  • 若者のデモは否定しないし実際に動くのは凄い ただし事実誤認したり現状把握をせず「反対」と叫ぶだけだったり、自分たちに都合のいいように印象操作を行うのは共感できない また少数派であってマスコミに担ぎあげられ国民の総意としての発言はしてほしくない
  • 憲法を守って国民を守れない よりは 憲法解釈を変えて国民を守る 方が重要と考える
  • 安保法案に賛成だが自衛隊の海外派遣に関して国会事前承認義務は必要と考える 超緊急はその限りではない
  • 反対派の徴兵制や経済的徴兵制発言はありえない 「徴兵をするための財源確保の難しさ」と「近現代のにおいて徴兵してき素人使うメリットがない」という専門家の意見参照 印象操作甚だしい
  • 原発は太陽光発電のさらなる効率性やその他まかなえる発電法開発等が研究されれば必要なくなると思う 現状は必要か?
  • TBS・テレ朝の偏向報道の酷さに辟易 安保に関しては海外の賛成国の反応や国民の意見を黙殺しすぎ ただし社会福祉面の報道はたまに評価できる内容もある

注目リンク

批判するなら相手を知る必要があるということで…

記事カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

twitterでのコメント

最近コメントされた記事(多少時間差有り)




今読まれている記事ランキング

アクセスランキング